すり鉢が無いときは代用ツールでごますり:麺棒、ミキサーがなくても大丈夫!

キッチン

ご自宅にすり鉢はありますか?

たまにしか使わないからなくても良いかなと思っていたら、ちょっと必要になったなんてことありませんか?

でも心配無用です。

今日はすり鉢や麺棒、ミキサーがなくても使えるごま挽きの代替方法を紹介します。

すり鉢不要で使えるごま挽きツールとは?

ご家庭にすり鉢がなくても、すりごまを諦める必要はありません。実は、すり鉢の代わりになる道具が存在します。

その代用品は「みそこし」です。みそこしは多様な網目のパターンを持っており、細かい網目を持つものを使用すると、すりごまのような効果を得ることができます。

みそこしを使ってごまを挽く方法は簡単です。

まず、みそこしの下に容器を設置します。次に、みそこしにごまを入れます。それから、上から麺棒等で押し潰すだけです。

手軽さが魅力のこの方法では、しっかりとした網目のみそこしを選ぶことが大切です。

麺棒・ミキサー不要でごまを挽く方法は?

次に、麺棒やミキサーがなくてもごまを挽く方法を紹介します。

密閉ポリ袋

密閉可能な透明ポリ袋は、ごまを挽くのに理想的な道具です。

この透明性により、中のごまの大きさが確認でき、好みに応じて粗く挽いたり細かく挽いたりすることが容易になります。

料理の種類や好みに合わせて挽き方を調整するのがおすすめです。

麺棒が手元にない場合でも心配無用です。筒状の物や、例えばジャムの瓶なども代用として活用できます。

ポリ袋にごまを入れた後は、袋の口をしっかりと閉めてください。

ただし、袋を強く扱い過ぎると破れる可能性があるため、作業は丁寧に行うことが重要です。

ラップ

ラップはごまを挽く際の代替手段としても優れています。

ただし、ラップでごまを包む際にはいくつかの注意点があります。特に、ごまが飛び散る可能性があるため、2枚重ねで包むことが重要です。

この方法を採用することで、ごまが周囲に散らばることなく、効率的かつ清潔に潰すことが可能になります。

また、麺棒が手元にない場合は、瓶の底部分やスプーンの平面部分を利用すると良いでしょう。

基本的に、平らな面を持つどんなアイテムでも、この用途に適しています。

すりごまが作れないときの代替品は?

すりごまを作るのが難しい場合、代わりに「きなこ」を使うことをお勧めします。

きなこはその舌触りや味わいがすりごまに近く、驚くほど似ています。

さらに、きなこの栄養価は非常に高く、食物繊維、タンパク質、鉄分、カルシウム、イソフラボンなどが豊富に含まれています。

これらの成分は体の健康に良い効果をもたらし、美味しさも加わって、食事をより豊かなものにします。

例えば、ほうれん草のごま和えなど、本来はすりごまを使用する料理に、きなこを振りかけてみると良いでしょう。

きなこの風味が料理を新しい味わいへと導いてくれます。

まとめ

この記事では、すり鉢を使わずにごまをすり潰す様々な方法とツールをご紹介しました。

すり鉢がない状況でも、みそこし、密閉ポリ袋、ラップを使ってごまをすり潰すことができます。

多くの方がすりごまを購入することがあるかと思いますが、ご自宅でごまをすり潰すことにより、その香りと風味をより一層楽しむことができます。

ご紹介した方法でごまをすり潰し、料理に活用してみるのはいかがでしょうか。

さらに、すりごまの代わりとしてきなこを使うこともおすすめです。

きなこには健康に必要な栄養素が豊富に含まれており、あらゆる年代の人々にとって価値ある食材です。

興味のある方は、是非この方法を試してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました